K国がてんやわんやの大騒ぎになっちゃうパニック映画6選

世の中にはかなり多くのパニック映画がありますが、
今回は韓国が舞台の異なるテーマのパニック映画を4本ご紹介します。

【モンスター】グエムル 漢江の怪物

有名な映画なので観た方も多いかも。
企業による河川汚染でモンスターが発生し、市民を襲いまくる作品です。
河川敷で屋台をやっている家族が娘をモンスターにさらわれてしまいます。

グエムル-漢江の怪物-

つくもやま

大林宣彦監督の映画に出そうな娘さんが大活躍。
全体的にドロドロな感じの映画。

怪物が現れて、河川敷が大騒ぎになる場面が見もの!

いちみさん

【ゾンビ】新感染 ファイナル・エクスプレス

ゾンビものに泣きの要素を入れた家族愛もの。
ここのところの映画のゾンビは元気すぎ。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告編

男の子のような女の子の演技が見もの。
仕事一辺倒だったパパがゾンビから娘を守るために大奮闘。
世界にあまたあるゾンビものでは一番好きな映画かも。
ただし、劇中では何故か誰もゾンビとは全く呼ばないけどね。
アニメ版映画で前日譚があります。
Train to Busan 2

ゾンビもの多すぎ
続編の予告編では、もう完全にホラーになっちゃってるね
Train to Busan 2

【原発事故】パンドラ

3本目は原発事故。
まさに原発がぶっ飛んでしまった街が舞台のパニック映画です。
原発が稼働する街に住む冴えない青年が、国を救うために危機に挑みます。

[動画]キム・ナムギル主演「パンドラ」メイン予告編

ありそうで意外と無い映画。
古くはチャイナ・シンドロームとかあるけど陰謀論ものだし。
チェルノブイリというTVドラマもあるよね。

原発がぶっ飛ぶシーンが見もの。
ただちに健康に影響ありそう

【寄生虫】ヨンガシ 変種増殖

寄生虫ものでここまで膨らますのも韓国映画らしいところ。

韓国映画 [ヨンガシ-変種増殖-] 予告版

要はカマキリに寄生してるあいつみたいなのが、人に寄生したというストーリー。
ほぼほぼ感染映画と同じ展開だよ。

カマキリを踏むとぶちゅっと出るやつ

DVD版(amazon)

【ウイルス】FLU 運命の36時間

違法難民から広がった韓国でのウイルス・パンデミックを描いた映画です。
同じウイルス映画のコンテイジョンよりパニック映画の要素が濃く内容が派手です。

FLU 運命の36時間(予告編)

コロナ・ウイルス大流行で
再度大注目となったウイルス感染のパニック映画。
初めて見た時はインフルエンザでそんなにすぐにバタバタ人が死ぬのかな? って思ったけど
コロナでパンデミックの恐ろしさの実際がわかったよね。

ウイルス怖い!
早く滅びて欲しい!

【通貨危機】国家が破産する日

1997年に実際に起こった韓国通貨危機を題材にした映画です。
通貨危機で崩壊する韓国経済の中、IMF介入に抵抗する韓国銀行の通貨チームと陰謀を目論む官僚との対立を描いています。

映画『国家が破産する日』予告編

国際金融が韓国経済を支配する契機となった史実をベースに作られた映画。
日本はこれほど急激じゃないけど、緩やかに同じようになっちゃった感があるよね。
IMFが韓国に突きつけてくる高圧的な復興計画は見るべき価値あり。
日本も将来的には決して他人事ではないかも。

つくもやまの反グローバル魂に火を付ける映画なん?
つくもやまの家はいつも通貨危機と違うん?

韓国通貨危機 - Wikipedia
IMFによる韓国救済 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました