K国がてんやわんやの大騒ぎになっちゃうパニック映画4選

K国がてんやわんやの大騒ぎになっちゃうパニック映画4選

世の中にはかなり多くのパニック映画がありますが、
今回は韓国が舞台の異なるテーマのパニック映画を4本ご紹介します。

【モンスター】グエムル 漢江の怪物

有名な映画なので観た方も多いかも。
企業による河川汚染でモンスターが発生し、市民を襲いまくる作品です。
河川敷で屋台をやっている家族が娘をモンスターにさらわれてしまいます。


つくもやま

大林宣彦監督の映画に出そうな娘さんが大活躍。
全体的にドロドロな感じの映画。

河川敷が大騒ぎになる場面が見もの!

いちみさん

【ゾンビ】新感染 ファイナル・エクスプレス

ゾンビものに泣きの要素を入れた家族愛もの。
ここのところの映画のゾンビは元気すぎ。


つくもやま

男の子のような女の子の演技が見もの。
世界にあまたあるゾンビものでは一番好きな映画かも。
アニメ版映画で前日譚があります。

ゾンビもの多すぎ

いちみさん

【原発事故】パンドラ

3本目は原発事故。
まさに原発がぶっ飛んでしまった街が舞台のパニック映画です。


つくもやま

ありそうで意外と無い映画。
古くはチャイナ・シンドロームとかあるけど陰謀論ものだし。
チェルノブイリというTVドラマもあるよね。

ただちに健康に影響ありそう

いちみさん

【寄生虫】ヨンガシ 変種増殖

寄生虫ものでここまで膨らますのも韓国映画らしいところ。
現在配信されていないようなのでレンタルDVDなどでどうぞ。


つくもやま

要はカマキリに寄生してるあいつみたいなのが、人に寄生したというストーリー。
ほぼほぼ感染映画と同じ展開だよ。

カマキリを踏むとぶちゅっと出るやつ

いちみさん

もう1本、ウィルスのパニック映画はこちらでどうぞ

韓国映画カテゴリの最新記事